TOP > 気になるトピック > ところで、口臭はどこからくるのでしょう?
特 別 記 事
ところで、口臭はどこからくるのでしょう?
口臭の一番の原因は口腔内からおこります。それには体の健康状態が現れます。

耳、鼻、のど、又は気管支の炎症は過度の粘液の流出によっておこります。粘液は舌の奥にたまっておりバクテリアが蓄積しやすい状態になっています。また、粘液の中のタンパク質はVSC(揮発性硫化化合物)を作り出し、抵抗力の低下につながります。

腹部、肝臓、肺、腎臓、そして胆嚢の病気は、口臭をもたらし口の中に病気を引き起こします。また、ガンを引き起こすこともあります。

月経のときは特別にエストロゲンが増加するので、ねずみ臭いにおいがします。エストロゲンは口の中を含む体内の組織に、バクテリアの成長において理想的な状況を作り出すきっかけとなります。
トリメチルアミン尿症と呼ばれる遺伝的疾患では、口の中に魚臭いにおいが作り出されます。この病気は非常に稀です。

薬剤の中には、口の中を乾かしてしまうものがあります。表示をよく読み、処方した医師に尋ねてみてください。

上記の内容の症状が起こる人はとても稀だということを覚えておいてください。もし口臭が気になる方は、問題解決のカギはあなたの鼻粘液にあります。
- 関連 -
口臭の原因と対策
口臭が気になりませんか?
爽やかな息の保ち方
フッ素は歯を傷つけますか?
歯ブラシには何が必要でしょうか?